総本山大石寺三門(令和3年3月22日)



総本山大石寺三門(令和3年3月22日)撮影者:大西茂樹


宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年慶祝記念法要は、国内外における新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、令和3年に予定していた宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年慶祝記念法要(登山)を、令和4年に延期することになりましたので、お知らせ致します。

なお、新たな日程については、後日お知らせいたします。


お知らせ


  • 新型コロナウイルス感染症への対応について

    新型コロナウイルスによる感染症が拡大している状況に鑑み、檀信徒の健康と安全ならびに拡散防止のために、大円寺においては、

    現在、大勢の人が集まる行事の中止や延期、参詣の自粛等をもって対応しております。
    葬儀、法事、御授戒等の個々の願い出により参詣される場合には、マスクの着用などの予防対策をお願い致します。
    ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い致します。



正しい信仰で幸せな人生を築きましょう。 

           真実の正しい教え仏教(仏法)は、

           唯ひとつしかありません。


  現代の科学文明は急速な進歩を遂げ、私たちの生活様式は昔では考えられなかったほど便利なものになりました。

 しかしその反面、失業や家庭不和、青少年の非行など、現代人の抱える問題はますます多様化し、その苦悩はいっそう深くなっています。

 また、インターネット等通信技術の発達によって、私たちは瞬時に全世界の情報や知識を得ることができ、居ながらにして地球の隅々の人と対話

 が出来る時代になっています。にもかかわらず世界の各地で民族の対立や領土問題・宗教紛争などによる愚かしい戦争が後を絶たないのはどうし

 たことなのでしょうか。

 これは、機械・技術であれ、情報・知識であれ、すべて人間から生み出されたものであり、これが正しく用いられるか否かは人間の心によること

 を物語っています。

 人間の心を正しくリードするためには、人間の生命全体を根底から解明しつくした知恵と的確な指標を規範としなければなりません。

 仏教は、人間の心のみならず、生命全体の実相を深く観達した仏の教えであり、現実に生きている人々に対して、人間はいかに生きるべきかとい

 う根本的命題を説き明かしたものなのです。

 現代のほとんどの人が、仏教は葬儀や法事のためのものとか、寺院は伽藍を誇示し歴史的遺物を保管しているところ、あるいは静寂な雰囲気によ

 って心を癒す場所などと認識していますが、これらの見方は仏教本来の精神から外れたものです。

 釈尊が説かれた膨大な経典の中で、人間の生命を正しく解き明かし、成仏の道を示した教えが法華経です。この法華経の神髄たる ≪南 無妙法連華

 経 ≫ もって、末法と言う濁悪の時代の人々を根本から救うべく出現されたのが ≪ 日蓮大聖人 ≫ であり、その教えを正しく受け継ぎ、真の個人の幸

 福と世界の平和実現のために正法を弘め、信仰を実践しているのが ≪ 日蓮正宗 ≫ なのです。             (日蓮正宗入門より抜粋)