正月一日の意義


 今年も一月一日午前0時00分から、大円寺に於いて講員約100名が参加して元旦勤行が行われました。

当日、石黒ご尊師から、次の法話を頂きましたので要点のみ掲載致します。

 

 古来、正月一日は、一年で最も意義深い祝日とされ、様々な行事が行われて来ました。

日蓮正宗で行われる元旦勤行は、世間の正月行事とは大きく異なり、極めて重要な意義を有する法要です。

 日蓮大聖人は『十字御書(むしもちごしょ)』に、

 「正月の一日は日のはじめ、年(とし)のはじめ、春のはじめ。 此れをもてなす人は月の西より東をさして

 満つ(みつ)がごとく、日の東より西へわたりて明きらかになるがごとく、徳(とく)もまさり人にも愛せらる候

 なり」                                                (御書一五五一㌻)

 と仰せられ、正法の信仰をもって元旦を大切に迎える人は、その志によって勝れた徳が具わり、人からも                                                

 愛されると教示されています。

 

 また同抄には、法華経に敵対する謗法の人が災いを招き寄せるのに対し、法華経を信ずるひとは幸いを集めることができること、さらに法華経を信ずる人は、香木の栴檀が芳しい香りを具えているように、福徳を具えることができると教示されています。

 

 私たちは、このように尊い妙法の功徳に浴することができる元旦を、仏法の深い意義がある日と心得、信心をもって元旦を祝うべきです。